日中緑化交流基金
ホーム 日中緑化交流基金とは 助成事業 日中緑化協力指標林 日中緑化協力記念林
助成事業の概要
助成の仕組み
助成事業の紹介
助成事業実施団体活動状況
助成事業交付一覧
10年間の成果
  
 
平成29年度 助成事業の紹介


 日中緑化交流基金では、中国国家林業局対外協力プロジェクトセンターとの協力により、平成29年度には、中国の15の省・自治区・特別市で39件のプロジェクトが行う植林緑化活動に助成しています。 
 これら植林緑化活動は、日中両国民の協力により、中国での緑の山河づくりに貢献するとともに、両国の友好関係の発展に寄与することが期待されています。

 平成29年度は、特に日中双方にとり重要な課題である砂漠化・黄砂対策に重点を置いて取り組んでおり、39件のプロジェクトのほぼ半数の19件が砂漠化地域で実施されています。現在実施されているプロジェクトについて、砂漠化地域、黄土丘陵・黄土地域、北京周辺風砂地域、長江下流地域の4地域で実施された事業の代表的な事例をご紹介します。

【砂漠化地域】

 

 

 

 

(樟子松(モンゴルアカマツ)植栽地)

事業名日中青年寧夏固原市生態緑化モデル林
実施場所寧夏回族自治区固原市
団体名IFCC国際友好文化センター
中国側

カウンターパート
中華全国青年連合会
事業開始年度平成26年度(2014年度)
事業概要固原市の沈家河ダムの上流では、水流による浸食等が原因で深刻な土壌流出が発生し。ダムの安全が脅かされていることから、水土流失防止林の造成を行う。
 
【黄土丘陵・黄土地域】

(油松(マンシュウクロマツ)植栽地)

事業名山西省豆村鎮土石山岳地域植生復旧モデル林造成事業
実施場所山西省五台県
団体名(特)教育開発研究所
中国側

カウンターパート
山西省林業庁
事業開始年度平成25年度(2013年度)
事業概要華北の屋根と言われる地域であるが、森林率が14%と著しく低く、干ばつ、洪水、砂嵐などの自然災害が頻発している。このため、植生復旧のモデル林を造成し被害の抑制及び農民の生活、生産環境の向上を図る。

 
【北京周辺風砂地域】

(モクゲンジ植栽地の灌水作業(手で水を運搬))

事業名河北省唐山市豊潤区造林プロジェクト
実施場所河北省唐山市
団体名(一社)日本森林技術協会
中国側

カウンターパート
河北省林業庁
事業開始年度平成24年度(2012年度)
事業概要河北省では三山北防護林や退耕還林が実施されていることから、退耕還林により放棄された土地は土砂発生源となっており、水土保全のため、丘庄ダム周辺において、水源涵養林を造成する。
 
 
【長江下流地域】

                           (広葉杉(コウヨウザン)苗木の泥付作業)


事業名光山県小羅山荒山緑化友好モデル林建設事業
実施場所河南省信陽市光山県
団体名(特)三重県日本中国友好協会
中国側

カウンターパート
河南省林業庁
事業開始年度平成28年度(2016年度)
事業概要農産物の安定的な収入確保のため、荒山に植林を行うことで生態環境の改善を行い、土砂の流出防止、水源涵養機能の高度化を図る。


日中緑化交流基金