現在、地球上で名前をつけられている生き物は約175万種。そのおよそ半分以上を昆虫がしめ、次の植物とあわせると8割近くがこの2つのグループです。私たち人間をふくむほ乳類は生き物の種の中ではもっとも数の少ないグループです。