植物は太陽の光エネルギーと空気中の二酸化炭素(にさんかたんそ)と根から吸収(きゅうしゅう)した水を使って養分を作ります。この時、酸素(さんそ)をはき出します。このはたらきを光合成(こうごうせい)といいます。