生き物どうしの関係のひとつに『食う、食われる関係』というのがあります。植物は葉や実を昆虫や小さな動物に食べられます。その昆虫や小さな動物は肉食の大きな動物に食べられます。このつながりを食物連鎖(しょくもつれんさ)といいます。植物は光と二酸化炭素(にさんかたんそ)と水を利用する光合成(こうごうせい)というはたらきをして自分で養分を作るので生産者(せいさんしゃ)、草食動物や肉食動物は他の生き物を食べるので消費者(しょうひしゃ)といわれます。土の中の微生物(びせいぶつ)は死んだ動物や植物をくさらせて土にかえすので分解者(ぶんかいしゃ)といわれます。自然界ではどんな生き物も「生産者」「消費者」「分解者」のどれかの役割をになっています。