18世紀後半にイギリスで始まった産業革命(さんぎょうかくめい)から、石炭がとても便利なエネルギーだということがわかり、世界中の人々が使いはじめました。そして、今ではたくさんの石油が使われています。石炭や石油を使うと温室効果(おんしつこうか)ガスとなる二酸化炭素(にさんかたんそ)が空気中にだされ、これが地球温暖化をすすめています。