ホーム緑と水の森林ファンド

緑と水の森林ファンド

緑と水の森林ファンドとは

森林は、国土の保全・水源のかん養・地球温暖化防止などさまざまな働きをもっています。そして、古くから私たちの暮らしを支え、豊かな文化を育んできました。
しかし、近年 手入れ不足の森林が増え、また海外では熱帯林を中心に森林が減少する等、地球規模で森林の劣化が危惧されています。今、私たち一人ひとりが森林を守り 育てていく必要があります。

「緑と水の森林ファンド」は、より豊かな森林づくりを推進する為に、1988(昭和63)年3月に国土緑化推進機構内に「緑と水の森林基金」として設立されました。(2011(平成23)年7月 改名)

一般市民・企業・団体などからの自発的な募金により森林基金を造成し、その運用益により「国民参加の森林づくり」運動推進のための事業を実施しています。現在までの基金造成額は175.4億円となっています(2014(平成26)年6月30日現在)。

一人ひとりが参加する森林づくりに皆様のご理解とご協力をお願いいたします。
ご寄付については、公益社団法人国土緑化推進機構までお申し出いただければ、 振込料無料の専用郵便振替用紙をお送りします。

お問い合わせはこちら

寄付に対する免税等の特典

  1. 法人の寄付金
    「特定公益増進法人」へのご寄付となり、法人税法に定められた「損金算入限度額」までが損金に算入されます。
  2. 個人の寄付金
    一定限度額[寄付金額(総所得金額の40%を上限)-5千円]までの損金算入が可能となります。

緑と水の森林ファンドに関する最新情報RSSを購読する


ページ先頭へ戻る