個人で募金 企業で募金
  • ホーム>
  • イベント>
  • 【8/29-30開催】『「森林環境教育・森林ESD」「緑の少年団」推進全国セミナー」』開催のご案内

【8/29-30開催】『「森林環境教育・森林ESD」「緑の少年団」推進全国セミナー」』開催のご案内

 「緑の少年団」は森林環境教育活動や奉仕活動等、森を育て、自然を守る活動を行っている団体であり、緑化運動に欠かすことのできない団体として、林野庁においても活動の活性化を図ることとされています。2020年度から、小学校では「主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング)」や、地域資源を活用して教科横断的な学習等を重視した新たな「学習指導要領」が導入され、新たな「教科書」に基づいた授業がはじまります。“森林”は体験学習から調べ学習、問題解決学習等が行いやすく、教科横断性等があることから、学校教育の題材としての有効性は高まってくると言え、「緑の少年団」をはじめとして、森林環境教育・森林ESDの促進の可能性が期待されます。
 さらに、これまでの国民参加の森林づくり等を通して、全国で森林NPOや森林インストラクター等が育成される中で、「緑の少年団」や学校等を支援できる担い手は充実しつつあります。こうした中で、新たな「学習指導要領」と「教科書」に対応させて、「森林環境教育・森林ESD」が効果的に実施されるよう、都道府県レベル・市町村レベルの支援体制の充実や、担い手育成、プログラム開発等を促進し、「緑の少年団」を活性化するために、全国セミナーを開催します。

開催概要

日 時   2019年8月29日(木)13:30~17:30、30日(金)9:30~12:00
場 所 TKP市ヶ谷カンファレンスセンター」ホール5C(〒162-0844東京都新宿区市谷八幡町8)
アクセス

 JR・地下鉄各線「市ヶ谷」駅より徒歩1分
※ご来場の際には、公共交通機関等をご利用下さい。

参加対象 ~こんな人にオススメです~

① 都道府県や市町村レベルで、学校での「緑の少年団」や「森林環境教育・森林ESD」の促進を行う組織のスタッフ
② 青少年教育施設や森林総合利用施設等において、学校等の受入を拡充したい団体等のスタッフ
③ 森林NPOやインストラクター等で、学校への「出前授業」や「体験活動」の受入を促進したい団体のスタッフ

定 員 100名  (応募者多数の場合は、先着順とします)
参加費 無 料(但し、宿泊費・食費・懇親会費等の実費は自己負担)
申込方法 「申込フォーム」(参加お申込みフォームはこちら)でお申込み頂くか、「参加申込書」に必要事項をご記入の上、
E-mail(comis@green.or.jpにてお申込先までお申込ください。(できるだけ「申込フォーム」でお申込下さい)
申込締切 定員になり次第、締め切ります。(WEBサイトをご確認ください)
主 催 (公社)国土緑化推進機構
共 催   全国緑の少年団連盟

内 容

「森林環境教育・森林ESD」「緑の少年団」推進全国セミナー
~「学習指導要領」改訂・「地域学校協働活動」導入を踏まえた促進策を学ぶ

◆1日目【8月29日(木)】
 ○新たな「学習指導要領」とそれに対応した「教科書」の記載内容の紹介や、学校への「出前授業」や「体験活動」の受入のモデル事例から、今後、
 「緑の少年団」をはじめとして「森林環境教育・森林ESD」を促進する上で必要となる理論や手法、枠組みを学びます。
開会挨拶

沖 修司((公社)国土緑化推進機構 専務理事)
林野庁 森林利用課 山村振興・緑化推進室

基調報告
(タイトルは仮)

(1)「新たな「学習指導要領」における「森林」の位置付けとその重要性」
   ~教育的視点を併せ持った、地域と学校が連携した「森林ESD」の提案~
   山下 宏文(京都教育大学 教授)

(2)「「主体的・対話的で深い学び」を支える自然体験活動の意義」   
   ~森林等の活用し、教科等と関連付けた「集団宿泊的行事」のススメ~
   大本 晋也(()国立青少年教育振興機構 理事(教育事業担当)

概要報告

(1)「森林環境教育・緑の少年団等の支援施策の状況」
   ~都道府県を対象にした実態調査の傾向と特色ある取組の紹介~
   (公社)国土緑化推進機構 政策企画部

(2)「新たな「小学校教科書」における森林に関する記述と授業展開の可能性」
   寺嶋 嘉春((一社)日本森林インストラクター協会 常務理事)

事例報告
(タイトルは仮)

(1)県レベルの受入拠点づくり
  「青少年教育施設と連携した森林環境学習「やまのこ」事業」
  ~滋賀県内全小学校4年生を対象にした体験学習と事前・事後学習~
  滋賀県 森林政策課

(2)市レベルの受入拠点づくり
  「国有林・遊々の森を活用した青少年教育施設での体験林業等実施」
  ~東京都多摩市内全小学校6年生を対象にしたプログラム提供~
  多摩市立八ヶ岳少年自然の家((一社)富士見町開発公社)

(3)県レベルの出前講座の仕組みづくり
  「森林インストラクターの育成と一体となった「森林学習等支援事業」」
  ~プログラム開発・フィールド紹介・指導者派遣・道具等貸出・活動助成が一体となったトータルの
   サポート体制の構築~
  (公財)かながわトラストみどり財団

(4)県レベルの出前講座の仕組みづくり
  「森林NPOと連携した「緑の少年団」設置校等への出前講座の実施」
  ~島根県緑の少年団連盟の加入団向け研修と一体となった出前講座~
  (公社)島根県緑化推進委員会

質疑応答・
まとめ
(コメンテーター) 林野庁 森林利用課 山村振興・緑化推進室
閉会 交流会(希望者のみ。会場周辺で18時~20時予定)
◆2日目【8月30日(金)】

○ 今後の「森林環境教育・森林ESD」を広く学校等に定着するためには、教科等を意識して、学校に「出前授業」を行う仕組みと、 林間学校・移動
 教室等で訪れる「青少年教育施設・森林総合利用施設」等で「体験活動」を行う仕組みを構築することが重要と考
えられます。
○ そこで、有識者の指導・助言を得ながら、構築すべき枠組みについて、参加者同士のワークショップで検討します。

開会

開会挨拶・オリエンテーション

分科会内容紹介(ショートプレゼンテーション)

【分科会1】教科等と連動した「教室・校庭等」でのプログラムを考える」
《アドバイザー》岩谷 美苗((一社)日本森林インストラクター協会 理事、樹木医)   
        山下 宏文(京都教育大学 教授)

【分科会2】「教科等と連動した「集団宿泊的行事(林間学校・移動教室等)」のプログラムを考える」
《アドバイザー》寺嶋 嘉春((一社)日本森林インストラクター協会 常務理事)          
        大本 晋也(()国立青少年教育振興機構 理事(教育事業担当)

【分科会3】「青少年教育施設・森林総合利用施設等を活用した、「森林体験活動」受入の仕組みを考える」
《アドバイザー》滋賀県 
        多摩市立八ヶ岳少年自然の家

【分科会4】「森林NPO・森林インストラクター等と連携した、学校への「出前授業」の仕組みを考える」
《アドバイザー》(公社)島根県緑化推進委員会
        (公財)かながわトラストみどり財団

ワークショップ

【セッション1】所属地域での当該テーマの取組状況・課題の共有
【セッション2】当該テーマの取組の実施促進のアイデア出し
【セッション3】当該テーマの取組上の課題と解決策の整理

●ワークショップの検討内容の発表・共有

まとめ・今後に向けて
閉会
◆活動紹介スペース

○ 自治体・関係団体、森林NPO・インストラクター等が取り組む「森林環境教育・森林ESD」の支援の枠組みや取組内容の紹介する
 ことで、参加者同士の交流を促進するために、パネル・パンフレット等を掲出するスペースを設定します。

[募集対象]「森林環境教育・森林ESD」の支援体制・事業を行う自治体・団体・森林NPO/インストラクター等
[募 集 数]約20団体
[交流時間] 2019年8月29() 13:0013:3015:3015:4017:3018:00
       2019年8月30() 9:009:3012:1512:45

★チラシはこちら★       

お申込み

下記フォームに必要事項をご記入の上、お申込みください。お申し込み後、自動返信メールが送信されますので、自動返信メールの発送をもちまして、受付完了とさせていただきます。
※申し込みフォームが表示されない場合は、お手数ですが、こちらの申込フォームページよりお申し込みください。

★参加申込書はこちら★

お問い合わせ先

公益社団法人国土緑化推進機構 政策企画部 [担当:矢島・木俣・冨永]
〒102-0093 東京都千代田区平河町2-7-4 砂防会館別館5階
TEL:03-3262-8437  FAX:03-3264-3974
E-mail:comis@green.or.jp

Page Top